新型コロナウィルス感染症 九度山町が対策本部を立ち上げ

 新型コロナウイルスへの感染について、和歌山県湯浅町の済生会有田病院で医師や入院患者、その家族への感染で、これまでに12人の感染が確認されています。この事を受けて、和歌山県は2月18日、19日の両日、病院のスタッフや患者などの検査を行いました。その結果、全員が陰性だったことが判明しました。和歌山県は引き続き必要な人の検査を急ぐことにしています。

 新型コロナウィルス感染症の和歌山県内での状況が変わってきています。この状況の変化に対して九度山町がどのように対応するのかを確認するため今日、九度山町役場を訪れました。

 九度山町は、今日2月20日、町長を本部長とする対策本部を立ち上げました。今日発表された町の対応は次の通りです。

1.町立の学校、幼稚園、福祉施設などの休業については現時点では行いません。
2.町内の公の施設などについても、通常どおり業務を行います。
3.町が行うイベントや行事については、20人程度集まるようなものや高齢者が参加するものは3月いっぱい自粛または延期させていただきます。


 九度山町のみなさん。新型コロナウィルス感染症に過度におびえることなく、そして慌てることなく対応しましょう。流水と石鹸による手洗いをしっかりしましょう。また、マスクを正しく着用し、感染拡大防止に努めるなどの日常対策をきちんと行いましょう。
 そしてなによりも正しい情報を入手し、デマや間違った情報に惑わされることなく冷静に対応することが重要です。参考までに厚生労働省のホームページから新型コロナウィルスの感染に関する記事を転載しておきます。

新型コロナウイルス感染症はどのように感染するのでしょうか?

現時点では、飛沫感染(ひまつかんせん)と接触感染の2つが考えられます。
(1)飛沫感染
感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つば など)と一緒にウイルスが放出され、他者がそのウイルスを口や鼻から吸い込んで感染します。
※主な感染場所:人が多く集まる場所
(2)接触感染
感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスが付きます。他者がその物を触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触って粘膜から感染します。
※主な感染場所:電車やバスのつり革、ドアノブ、スイッチなど

国内の感染状況を見ても空気感染に特徴的な現象は確認されていません。

以上、厚生労働省HPから抜粋引用

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント