テーマ:しんぶん赤旗

九度山町議選告示まであと4日 しんぶん赤旗で候補者紹介

 統一地方選・後半戦の九度山町議会議員選挙の告示まであと4日となりました。  今日は、九度山駅下交差点での朝立ちから活動スタート。その後、市来りえ岩出市議の応援をいただいて「真田のみち」(商店街)を中心に訪問し、町民のみなさんと対話してきました。対話したみなさんから激励をいただくとともに、要望も寄せられました。みなさんの要望や願い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「しんぶん赤旗」購読のお願いで町内を駆けめぐりました

 今日は昼から「しんぶん赤旗日曜版」の配達と購読のお願いをしてきました。  単車で町内を走りまわりましたが、日が射している午後3時頃まではそんなに寒さを感じませんでした。しかし、日が傾き始める午後3時以降は、時間が過ぎるにつてだんだんと寒さを感じ始めました。日が暮れてからは寒さが身に沁みました。帰宅したのは午後6時頃で、その時には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月29日の「しんぶん赤旗」(日刊紙)に九度山の記事が掲載

 昨日3月29日付「しんぶん赤旗」(日刊紙)に九度山の記事が掲載されました。掲載されたのは13面「わがまちふるさと」というコーナーです。 九度山町を採り上げていただけるということで、原稿の依頼を受け私が記事を書きました。数ある九度山の魅力のうち何を紹介しようかと考えた末、昨年オープンの「くどやま森の童話館」のことを書きました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の赤旗記事から 「市民連合わかやまが共産党候補推薦」 

 「安部暴走政治ストップ」、「市民と野党の共闘で政治を変えよう」の声に応え、全国で野党共闘の動きが急速に進んでいます。「市民と野党の共闘」に全力で取り組む日本共産党に対して「ブレない政党」「筋を曲げない党」との評価の声が日増しに大きくなってきていることをここ数日、九度山町内を回っていて感じます。  その「市民と野党の共闘」と日本共…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍首相による「9条改憲許さない」 赤旗写真ニュース

 新しい「赤旗写真ニュース」を張り出してきました。  安倍首相は突然、2020年東京オリンピックまでという期限を切って改憲の意思表明をしました。これは憲法9条1項2項に加えて自衛隊を明記した3項を追加するというものです。安倍首相は、「1項、2項を残すから今まで受けている憲法上の制約は受ける」と言い、現状と変わらないかのよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「北朝鮮の暴挙に厳しく抗議する」 日本共産党志位委員長の談話

北朝鮮の暴挙に抗議する 外交的努力の強化を            志位委員長が談話  北朝鮮が21日、弾道ミサイルを発射したことについて、日本共産党の志位和夫委員長は同日、次の談話を発表しました。                      ◇  一、北朝鮮は、本日、国際社会の強い警告にもかかわらず、再び弾道ミサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9月15日付「しんぶん赤旗」で九度山町紹介の記事が掲載

 9月15日付「しんぶん赤旗」(日刊紙)の「たび」欄に九度山町を紹介する記事が掲載されました。 ▼9月15日「しんぶん赤旗」  「赤くはためく六文銭 真田ゆかりの高野山麓」のタイトルで、観光客でにぎわう九度山のまちなかの様子を中心に紹介しています。この記事の取材に私も少しだけですが協力しましたので、私の名前も記事中に登場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「しんぶん赤旗」記事の取材に同行

 今日の午後、「しんぶん赤旗」(日刊紙)の木曜日に掲載される「たび」コーナーの記事取材に同行しました。「たび」は、観光地のおすすめスポットやお食事処を紹介するコーナーです。取材のために訪れたご夫婦からの九度山についてのご質問に答えるなどささやかながら協力させていただきました。また九度山町産業振興課への訪問にも同行いたしました。取材のほう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「中国軍艦船の尖閣諸島接続水域への侵入について抗議する」―日本共産党志位委員長の談話

 日本共産党の志位和夫委員長は9日、中国軍艦船が尖閣諸島接続海域に侵入したことについて、次の談話を発表しました。 一、尖閣諸島は歴史的にも国際法上もわが国の領土であり、この接続水域に中国軍の艦船が今回初めて入ったことはきわめて重大である。領土をめぐる紛争問題が存在している海域へのこうした軍艦による侵入は軍事的緊張を高めるだけであり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「選挙で問うのは戦争法廃止」自衛隊をめぐる反共攻撃に反論―「しんぶん赤旗」より

 明日24日投票の衆院北海道5区補選は、市民と野党が共同する池田まき候補と自民党公認候補が一票を奪い合う大激戦となっています。池田まき候補は、安全保障法=戦争法、TPP、子ども子育て、消費税増税などで暴走を続ける権力をストップをかけ、強いものによる強い者たちのための政治から平和、いのち、暮らしを守る政治の実現をめざすたたかいに挑んでいま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新入生のみなさん 新しい未来へ、知性を輝かせ―しんぶん赤旗「主張」より

 4月に入りあちこちで桜が満開とのニュースを見聞きします。満開の桜に祝福されて入学式を迎えたみなさん、またこれから入学式を迎えられるみなさん、新しい生活を迎え希望にあふれた日々を過ごしておられると思います。そして、みなさんが希望や夢をかなえられるよう有意義な日々を過ごしてほしいと願っています。  さて、4月4日付け「しんぶん赤旗」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「駅を安全、安心に」―坂口多美子参議院和歌山選挙区予定候補が南海電鉄に要望

 昨日3月29日に日本共産党が行った南海電鉄との交渉が、本日3月30日付けの「しんぶん赤旗」(日刊紙)の近畿のページで紹介されました。その記事を転載します。                        *** 南海の無人駅に不安 わたなべ参院大阪選挙区候補・坂口参院和歌山選挙区候補ら要望  日本共産党国会議員団…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国会での野党共闘 保育士処遇改善法案を共同提出

 野党共闘は、国政選挙で勝つことだけが目的ではありません。国民の願いが実現する政治、国民の声を聞く政府を作るためです。  今開かれている国会で国民の要求実現のため、野党は共闘しています。国会での野党共闘を報じる「しんぶん赤旗」(日刊紙)の記事を紹介します。                        *** 保育士処遇改…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大学学費・奨学金の抜本改革、最低賃金の抜本引き上げを―日本共産党の提案

 高すぎる大学の授業料、有利子の借金である名ばかりの「奨学金」制度、フルタイムで働いてもまともな収入が得られない「最低賃金」―これら貧富の格差のおおもとにある問題について、3月17日、日本共産党は「学費・奨学金の抜本改革、最低賃金の抜本引き上げを」と題する問題解決のための提案を発表しました。                   *…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

介護職員の処遇改善法案 自民・公明・おおさか維新が否決 衆院厚労委

 全産業平均と比べて月額で10万円も低い介護労働者の賃金を引き上げることを目的とした介護職員の処遇改善法案が、3月16日の衆議院厚生労働委員会の採決の結果、自民党、公明党、おおさか維新の反対で否決されました。この介護職員の処遇改善法案は、日本共産党、民主党、維新の党、生活の党、社民党の野党5党が共同で提出していたものです。  介護保険…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”野党統一候補擁立を” 「しんぶん赤旗」記事より

 本日付「しんぶん赤旗」(日刊紙)の近畿のページに、安保法制(戦争法)廃止を求める団体が開いたつどいの記事が掲載されました。以下、その記事を転載します。                        *** 野党統一候補 擁立を 和歌山つどい 共産・民主・社民が出席  安保法制の廃止を求めるわかやまの会は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「しんぶん赤旗」今日で創刊88周年

 「しんぶん赤旗」は、88年前の1928年2月1日に創刊されました。政府の弾圧により発行できなくなった時期がありますが、創刊以来いっかんして戦争反対、主権在民の立場で国民の権利といのちを守ることを訴えてきました。それは今も変わってはいません。大企業奉仕、アメリカ追従の自民党政治を一般庶民の立場から分析、報道しています。「しんぶん赤旗」は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

防衛協会会長の「戦争法」反対の思い―「しんぶん赤旗」日曜版の記事より

 「しんぶん赤旗」日曜版1月24日号に、戦争体験者である橋本市民の戦争と戦争法(安保法制)に反対する思いを取材した記事が掲載されました。その記事を紹介します。                      *** 自衛隊の勧誘すすめてきた 防衛協会会長の"なくせ戦争法"宣言    和歌山県橋本防衛協会会長 阪口繁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海外での左派政権の動向 その2

 ドイツ・テューリンゲン州で誕生した左翼党首相による政権が発足以来1年が経ちました。その1年間の政見の歩みを「しんぶん赤旗」(日刊紙)が紹介しています。以下、その記事の転載です。                  *** 左翼党 初の州首相1年        独 テューリンゲン州 教育・住宅政策を促進 メディアも評…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海外での左派政権の動向 その1

 ポルトガルで共産党が閣外協力する左派政権が始動しました。このことを伝える記事が「しんぶん赤旗」(日刊紙)に掲載されましたので、転載します。                    *** ポルトガル 左派政権始動   議会可決 最低賃金引き上げへ 反緊縮政策に着手  ポルトガルで共産党が閣外協力する政権が誕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「憲法違反の安保法制を許さない」集会開かれる 11月28日和歌山市 

 11月28日、和歌山市で開かれた「憲法違反の安保法制を許さない」集会が、本日の「しんぶん赤旗」(日刊紙)で紹介されています。その記事を転載します。 戦争法危険知らせる 9団体よびかけ250人がつどう  和歌山市  和歌山市の和歌山城西の丸広場で28日、県内の9団体が呼びかけた「憲法違反の安保法制を許さない」集…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

参院和歌山選挙区候補 坂口多美子物語

 本日(9月9日)付け「しんぶん赤旗」(日刊紙)の近畿のページに、日本共産党の参院和歌山選挙区予定候補の坂口多美子さんを紹介する記事が掲載されました。以下、記事全文を転載します。                      *** 生命を守る    参院和歌山選挙区候補       坂口多美子 物語 党への期待 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「マイナンバー制度」実施延期を求める

 マイナンバー制度は、今年10月から個人番号が国民に通知され、来年1月から運用が始まります。マイナンバー制度に対して、個人情報の保護やなりすましの問題、政府機関による個人情報の収集や国民監視などの多くの問題点が指摘され、国民は制度実施に不安感を抱いています。政府は、制度に問題がないことや安全であることを説明していますが、私たち国民が納得…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more