紀美野町議会一般質問を傍聴してきました

 今日、紀美野町議会の一般質問を、九度山町議会の新人議員さんと私の2名で傍聴してきました。

 紀美野町議会を傍聴するのは一昨年以来です。前回傍聴した時から一般質問の時間や質問回数の制限が変わったと聞いていたので、どう変わったのか知りたくて傍聴してきました。

 紀美野町議会の一般質問は、制限時間が40分(当局の答弁時間は含まない)、質問回数の制限はなし、というやり方です。質問回数制限がない完全な一問一答形式は、質問者が何を質しているのか、当局がそのことにどう答えているのかが、質疑応答している当事者以外の傍聴者に分かりやすいやり方だと私は思います。

 九度山町議会の一般質問のように、質問回数が3回に制限されていると、1回の質問でいくつもの論点をまとめて質問することになります。それに対する当局の答弁もいくつものことに答弁するので、そのやり取りを聞いている人にはわかりづらいと思います。傍聴している町民のみなさんによくわかってもらえる一般質問にするために、今の九度山町議会の一般質問のやり方を他の議員のみなさんとともに考えていきたいと、私は思います。

 午前9時の開会から昼休憩をはさんで午後3時くらいまで、4人の議員の方の一般質問を傍聴しました。他市町村議会と九度山町議会の違いを知ることは、大変勉強になります。今日の紀美野町議会傍聴を参考にして、議会改革を掲げる九度山町議会議長の下での今後の議員活動、そして議会運営委員会委員として議会運営について考えていきます。

▼紀美野町役場
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック