Good Morning, 九度山

アクセスカウンタ

zoom RSS 議会運営について改善の申し入れをしました

<<   作成日時 : 2018/06/30 19:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 昨日、九度山町議会議長に文書で議会運営について改善を申し入れました。申し入れの文書全文は次の通りです。

            ***

      議会運営について改善の申し入れ
                   2018年6月29日
九度山町議会議長 森一司様
                   九度山町議会議員 伊丹俊也

議会運営について下記のとおり改善を申し入れます。

              記

 議会での議員活動の基本は言論であり、議会でとりあげられる問題はすべて言論によって決定されることが大原則です。このため、議会運営は言論を尊重し、その自由を保障するという「発言自由の原則」の下で行われています。
 しかし、発言が自由であるからと言って、どんな内容の発言も許されるというものではありません。複数の議員で構成される合議体である議会は、民主主義に基づく会議のルールに従って運営されており、議会での発言はそのルールに従い行われるものであることは言うまでもありません。その発言のルールは、九度山町議会会議規則に規定されています。
 議会での発言は、議長の許可を得て行うこととされています【九度山町議会会議規則(以下、会議規則)第50条、第51条】。また、発言は、簡明に行い、議題外また範囲を超えてはならない【会議規則第54条】とされ、これに反する場合、議長は注意の上、それに従わなければ発言を中止させることができる、と規定されています。無礼な言葉を使用してはいけないことが地方自治法第132条に規定されており、会議規則でも「議会の品位を落とすような発言」を禁じています【会議規則第102条】。先の第2回定例会では、これらに抵触する発言が行われ、議事進行が混乱しました。
 また、同定例会で、会議規則第57条に基づく「議事進行に関する発言」を私は議長に求めましたが、その発言は許可されませんでした。会議規則に基づき、発言を求めたにもかかわらず、発言の許可がされなかったことは誠に遺憾です。
 会議規則は公平・公正な議会運営と議会の民主主義的な運営を行うための必要最低限のルールを定めたものです。議案の採決などで賛否の意見が分かれた場合、議会の決定を議員が尊重するのは、会議規則に則って議会運営がなされているからこそです。会議規則の順守を強く求めるものです。
 以上のことを踏まえ、議会運営について改善を申し入れます。
1.九度山町会議規則の規定に基づいた議会運営を行うこと。
2. 会議規則に基づく発言を求められた時には、議長はこれを許可する事。
3. 発言を許可した後の発言内容について、会議規則に基づいて議長は適切な対応を取ること。
                                   以上

画像



 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
議会運営について改善の申し入れをしました Good Morning, 九度山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる