Good Morning, 九度山

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日は、学生時代を思い出しながら経済学の勉強をしました

<<   作成日時 : 2017/07/28 20:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今日も昨日に引き続き経済学の学習に取り組みました。

 まずは、本棚から大学卒業後に買った本を取り出してきました。なんで大学卒業後に経済学の専門書なんか買ったのかということは、説明すると長くなるので省略します。その本は約30年ぶりに開くものです。「なつかしいなぁ」などと感慨深げに読んでいたのは束の間、数式がちらほらと出てきました。下の写真に写っているのは、マルクスの「価値から価格への転形」を解説している章で、均等利潤率を説明しているところです。

画像


 私は学生時代、数学は得意ではありませんでした。数学が得意でないので、文系の経済学部に進んだのです。もちろん、経済学を学ぶのに数学の知識が必要なことくらいは進学前に分かっていました。しかし、大学の経済学で求められる数学のレベルは私の想定を超えるものでした。特に専門課程に入ってから学んだ一般均衡理論では、n次元空間における均衡解を求める、などといった高校で習っていないことがボンボン出てきました。泣きをみたのはゼミに入ってからです。理論経済学のゼミに入ったのですが、指導教授が数理経済学を修めた方でしたので、数学には泣かされました。レポートの提出を求められた時、提出期限前の4日間(だと思います)家に帰れなかったことがあります。与えられたテーマが私には難しすぎたのと、ゼミの先輩から「あの教授は怒らせると怖い」と聞いていたので、提出期限前は大学の図書館に籠りきりでした。図書館の閉館時間までいて、その後は大学近くに下宿している同じゼミ生のところへ転がり込みました。というのは、私は自宅から通学していて自宅から大学まで片道2時間の時間が惜しくてそうしたのです。そうこうしながらなんとか提出期限までに求められていたレポートを提出しました。特に厳しいことを教授から言われず受け取ってもらえたので、合格点だったのかなと思iい、人生の一大事を無事こなしたかのような気持ちになったことを昨日のように思い出します。

 かなり話がわきにそれてしまいました。わきにそれたついでに書かせてもらうと、あんなに短期間に集中して勉強したのは後にも先にもあの時だけです。今では懐かしい思い出です。今、あの時と同じことをやろうとしても体力的に無理でしょうね。それともうひとつ余談ですが、私が大学生の時専攻していたのは近代経済学です。マルクス経済学ではありません。このことについて書くとまた長くなるので、いつか機会があればこのブログで書くかもしれないということにしておきます。

 学生の時と同じようには勉強できません。でも、同じようにできなくても、あの時と同じ気持ちで集中して学ぶ、ということに死ぬまで挑戦し続けていきたいと思っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日は、学生時代を思い出しながら経済学の勉強をしました Good Morning, 九度山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる