Good Morning, 九度山

アクセスカウンタ

zoom RSS キャップ付き牛乳パックのゴミ出しの仕方を確認してきました

<<   作成日時 : 2017/04/07 20:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今日も引き続き九度山町議会3月議会報告のビラ作成などの仕事をしました。午後はいろいろと調べものをしていていました。その中で生じた不明な点について役場に調べに行くなどしました。

 さて、話は変わるのですが、先日買い物に行った時に牛乳を買いました。商品はいつもと同じものを買ったのですが、パックが変わっていました。注ぎ口にキャップがついています(下の写真参照)。

画像


 このパックに表示されている「パックの特徴」を見ると、「キャップ付きで開けやすい」と書かれています。確かにこちらの方が明けやすいです。以前のものはパックを開ける時に上手く開けないと、その後中身の牛乳を上手くコップに注げないことがありました。これはこれで確かに便利です。

 さて、牛乳を飲み終えてパックをごみとして出す時、ふと疑問に思うことがありました。キャップと内フタは「プラ」の表示がありますから、「プラ容器」としてゴミ出しすればいいことがわかります。問題は注ぎ口の部分です。パックに架かれた説明には、「注ぎ口を含む容器全体で紙パックとして取り扱われます」と記されています。これを読む限りでは、集団回収の時に注ぎ口をとらずにそのまま牛乳パックとしてゴミ出しすれば良いと思います。ただ、その後ンに続けて、「処分の際は、各自治体の区分に従い、適切に処分してください」と書かれていましたので、少し悩みました。

 悩んでいても仕方がないので、町役場でどのようにしたらいいのかを尋ねてきました。結論は、キャップと内フタは「プラスチック製容器包装」でゴミ出しするが、パックは注ぎ口をつけたままで集団回収時に牛乳パックで出せば良いということでした。つまり、パックから注ぎ口の部分をとらなくても良いということです。

 九度山町民のみなさん。ごみの分別収集への協力をお願いします。分別収集を進めて燃えるごみを減らせば、焼却場に払う費用が減ります。また、分別された資源ごみは業者に売却され、その売却代金は町に還元されます。分別収集を進めることで、町の支出を減らすと同時に収入を増やすことができます。そうしてできた財源は、ゴミ処理の費用以外に使うことができます。みなさんのご協力をお願いしたいと思います。

 
 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
キャップ付き牛乳パックのゴミ出しの仕方を確認してきました Good Morning, 九度山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる